1. HOME
  2. 行事
  3. 節分豆まき

節分豆まき

「神道」とは、惟神道(かんながらのみち)とも言われる宗教(多神教)のことです。宗教とはいっても教典や開祖はおらず、日本人の日々の暮らしの中から生まれた信仰といえます。そのため、神教ではなく「神道」と呼ばれています。暮らしに関わる自然の力は、人々に恵みを与えつつも、時には牙を向くことがあります。そんな自然現象や生命力に、人々は神の働きを感知しました。そして、いつしか自然物を神宿るものとして祀り、やがて、その場所には聖域として「神社」が誕生していったのです。